GLP圏央五霞

エリア 関東
立地特性 所在地 猿島郡五霞町
立地メリット 物流の大動脈である圏央道の「五霞IC」と首都圏と北関東を結ぶ新4号国道に隣接、関東および東日本の広域配送向け物流拠点として活用出来ます。周辺の埼玉県北東部、茨城県西部、栃木県南部などには食品や飲料、日用雑貨、化学工業品、建材、自動車関連の拠点が多く立地し、これらの企業からのさまざまな物流ニーズが見込まれるエリアです。
最寄ICと距離 圏央道「五霞」IC
物件概要敷地面積 ㎡(坪) 85,106㎡ (25,745坪)
延床面積 ㎡(坪) 140,031㎡ (42,359坪)
建物構造/階数 鉄骨造/地上3階建
竣工 2018年10月(予定)
詳細

ダブルランプウェイを設置することにより、各階への直接アクセスが可能なうえ、賃貸物流施設としては最大級のワンフロア面積を有し、1階は約43,000㎡、2・3階は約39,000㎡と大規模かつ効率的なワンフロアオペレーションが可能です。また、1階は両面バースで、様々なテナント業種を考慮し、低床バースエリアと高床バースエリアを設け、低床バース部分には14mの大型庇を設置し、長尺の重量物に対応するとともに、2.5トンフォークリフト対応、床荷重は1㎡あたり2トンとしています。一方、高床エリアでは、冷凍冷蔵品向け電力を想定し、予備電源を多く確保しています。また、各階の天井高は6.0mで3階は6.0~7.8mとレイアウトの自由度が高い設計となっています。さらに、働く人々の環境にも配慮し、カフェテリアを備えるほか、広域なエリアからの自動車通勤者向けに約600台の駐車スペースを確保する予定です。

設備内容 LED非常用 発電機太陽光発電センター-コア売店休憩室ランプ両面バース
賃貸開始可能時期(検討中) 2018年11月予定
写真
prevnext