Introduction
Introduction

私達の使命が2018年、大きく飛躍する局面を迎えています。

アジア圏を中心として世界経済の潮目が変わる一方、日本国内に目を向けてみますと戦後最長の経済成長が進む中、電子商取引(EC、通販)市場の急激な伸長によって、国内の流通業界、そして物流業界に一大変革がもたらされています。

通販拡大に伴う流通業界の新たな挑戦は、経営戦略の転換によって双方向からの乗り入れという構造変革をもたらし始め、さらなる流通・物流市場の拡大を加速させる段階へと進んでいます。

冒頭、私達の使命が飛躍する局面を迎えていると申し上げましたが、まさに私たちを取り巻く消費・流通環境の劇的な変革は、私達が日本の産業界に①これまで以上の物流網の整備と共に、②物流の効率化に伴うコストの低減、③物流センターの機能の高度化をもたらす事を意味します。

このたびの社名変更は日本GLP株式会社(以下、「日本GLP」)への権限の完全委譲により、こうした劇的な変貌に即応できる決断をする経営権限と経営資源のフレキシブルな調達と活用を可能にするものと期待しています。

日本GLPは、物流施設の機能をモノをつくる空間へと進化させ、サプライチェーンの短縮化を推進してきました。社会インフラの重要な一員であるばかりではなく、生産機能を持った次世代を担う近代的な物流施設として、日本の物流の大動脈を担う使命を果たして参ります。

そして、私たちは皆さまの物流における"もっと"を"きっと"にして参ります。

帖佐 義之
日本GLP株式会社
代表取締役社長

 

トップへ戻る