災害のときに備えるGLPがこだわるBCP対応

 

事業継続性の確保に配慮した「安心」「安全」な物流施設

日本には数多くの倉庫・物流施設が存在します。しかし、その多くは老朽化や耐震性能等、多くの問題を抱えています。
GLPでは災害などの緊急時においても、万が一のお客様の被害を最小限にとどめ、早期復旧を可能にする、
事業継続性に配慮した「安心」「安全」な物流施設を提供します。

 

GLPのBCP対策・管理体制

 

 

事業継続性(BCP)の確保

 大地震においても機能を発揮する独自の意免震構造システムGLPパイルキャップ免震構法(特許番号4934769号)を開発・採用。また2015年には、更なるコストダウンを実現する、独自の免震構造解析手法「GLP同時刻歴一体応答解析手法」(特許番号5698402号)を新たに開発し、GLP鳴尾浜より採用。

 

トップへ戻る