神奈川県相模原市で「GLP ALFALINK 相模原Ⅰ」を着工
ターミナル区画に佐川急便、西濃運輸の入居が決定
地元大手総合物流企業ギオンとも賃貸借契約を締結

 物流不動産およびその関連テクノロジーに特化した事業会社である日本GLP 株式会社(本社所
在地:東京都港区、代表取締役社長:帖佐 義之(以下「日本GLP」))は、神奈川県相模原市で
「GLP ALFALINK 相模原Ⅰ」の起工式を執り行いましたので、お知らせします。「GLP ALFALINK
相模原」は、大規模面開発を通して新たな価値を提供する新ブランド「ALFALINK」の第一号物
件となる施設であり、今回起工する「GLP ALFALINK 相模原Ⅰ」は、その中でも最大の規模を持
つ、地上6 階建て、延床面積約306,000 ㎡の棟です。
 
 施設内の5 階部分に設けたターミナル区画には、佐川急便(本社:京都市南区、代表取締役社長:
本村 正秀)および西濃運輸(本社:岐阜県大垣市、代表取締役社長:神谷 正博)の入居が決定して
おり、入居企業はターミナルを利用することにより、通常施設外にある運送会社のエリア配送拠点
にまで貨物を輸送する必要がなく、出荷・集荷の効率が大幅に向上するとともに、集荷の締め切り
時間の延長等が可能になります。またターミナル近傍に荷物が予め集約されることにより、物流業界
の課題の一つであるトラックの積載効率の改善や、配送距離の短縮による環境負荷の低減などにも
つながります。
 
 加えて、昨今食生活の多様化等、ライフスタイルの変化を背景に、より一段と需要が高まって
いるコールドチェーン物流に対応するため、施設の1 階部分に予め冷凍冷蔵設備を備えた倉庫ス
ペースを整備します。今回、総合物流企業でコールドチェーン物流にも注力している株式会社ギ
オン(本社:神奈川県相模原市、代表取締役会長兼社長:園 義久、以下「ギオン」)が業務拡
大に伴い、当該区画への入居を決定し、冷凍・冷蔵・常温の3 温度帯に対応した拠点として利用
する予定です。
 
       wu_ti__53.png 
「GLP ALFALINK 相模原Ⅰ」起工式・記者会見(左から 西濃運輸今城執行役員神奈川エリア統括マネージャー、同中田取締役、
ギオン園¹会長兼社長、日本GLP 帖佐社長、佐川急便山本執行役員営業開発部部長、同坂上神奈川支店支店長)
 

       wu_ti__46.png

           「GLP ALFALINK 相模原Ⅰ」外観完成イメージ

       wu_ti_2_14.png

               共用棟「リング」完成イメージ

 日本GLP 代表取締役社長の帖佐 義之は、「佐川急便様、西濃運輸様に入居いただくことで、
幹線輸送からラストワンマイルの配送までカバーするターミナル機能を備えられることが開発
の早期段階で決定できたことを大変嬉しく思っております。そして地域を代表する企業であるギ
オン様にも「ALFALINK」という新たなコンセプトに賛同いただき、着工前に入居をご決定頂き
ました。入居企業の皆様とともに物流の未来を形づくって行けると信じています」と述べていま
す。

 「GLP ALFALINK 相模原」は、GLP がグローバルな政府系投資機関および年金基金からの出
資により、2018 年12 月に設立した物流不動産開発ファンド「GLP ジャパン・ディベロップメン
ト・パートナーズIII」による開発物件となります。

 日本GLP は本施設を含め神奈川県下で合計14 棟の物流施設を開発および運営しています。

■施設概要
施設名:「GLP ALFALINK 相模原Ⅰ」
所在地:神奈川県相模原市中央区田名
敷地面積:約137,000 ㎡
延床面積:約306,000 ㎡
構造:地上5 階一部6 階建て、
免震・鉄筋コンクリート造
着工:2020 年2 月
竣工:2021 年8 月(予定)
認証取得:LEED 認証(予定)

以上


 日本GLP 株式会社について(http://www.glprop.co.jp/
 日本GLP 株式会社は、2009 年3 月に設立されたGLP の日本法人です。日本の主要な物流拠点
を網羅する都市で、104 棟・総延床面積約550 万㎡の物流施設を運営しており、都市の生活や経
済活動を支える重要なインフラとしての、高機能かつ環境にも配慮した物流施設を提供していま
す。GLP では、事業展開している地域社会およびその環境に配慮し、持続可能な社会の形成に貢
献すべく包括的なESG ポリシーを策定しています。

 GLP Pte Ltd.について(www.glprop.com)
 GLP Pte. Ltd. (GLP)は物流セクターとその関連テクノロジーへの投資に特化し、不動産およ
びプライベートエクイティファンドにおいて860 億ドルの運用資産を有する世界的な投資会社で
す。GLP の不動産ファンドプラットフォームは世界最大級でポートフォリオは、6,000 万㎡(約6
億4,500 万ft²)です。2019 年には、Private Equity Real Estate(以下「PERE」)が主催する「2018
年PERE Awards」のグローバル部門において「Firm of the Year」および「Logistics Investor of the
Year」を受賞しました。

【本リリースに関する問い合わせ先】日本GLP 広報担当(IFC): 竹江/岡 電話:03-5532-8921

 

■ALFALINK ロゴについて

 alfalink_rogoshuo_ming__0.png

■ALFALINK コンセプトおよび「GLP ALFALINK 相模原」で提供する設備・サービス(例)

  wu_ti__49.png

   (現時点での想定。今後変更の可能性があります。)

トップへ戻る