日本最大のオープンエンド型私募物流ファンドを設立

・関東圏および関西圏に立地する先進的物流施設11 物件(シードアセット)へ投資
・GLP は過去数か月にわたりグローバルで計47 億ドルの物流ファンドを発表
 
 GLP は、2,800 億円(26 億米ドル[1]設立時)の運用資産を有する、物流施設に特化した日本最
大のオープンエンド型私募ファンド「GLP Japan Income Fund」(以下「JIF」)を設立しましたの
でお知らせします。JIF の投資家は年金基金、保険会社等金融機関、政府系ファンドを含み、その
大多数はGLP への初めての投資となります。
 
 GLP は日本において約190 億米ドル(2 兆366 億円[1])、グローバルでは890 億米ドルの運用
資産を有する、物流不動産マーケットのパイオニアであり、先進的物流施設への投資、開発を行
うリーディング企業です。JIF は関東圏および関西圏において新たに開発された先進的物流施設
11 物件(シードアセット)を投資対象とし、投資家に対して長期的に安定した収益を生み出しま
す。投資対象物件はすべて満床稼働中であるほか、内6 件はLEED 認証(プラチナおよびゴール
ド)を取得しています。
 
 日本GLP 代表取締役社長である帖佐義之は、「JIF 設立は弊社のビジネスにとって重要なマイ
ルストーンであり、アセットマネージャーおよびデベロッパーとしてのGLP の強みと実績に裏
打ちされたものです。お客様からのニーズは引き続き旺盛で、日本の物流不動産業界のイノベー
ションを推進する象徴的な開発を行っていくことで、今後も業界を牽引するような施設づくりを
継続していきます」と述べています。
 
 GLP のファンド・マネジメント担当マネージング・ディレクターのラルフ・ウェッセルは、「JIF
は国内外の投資家から強い関心を集めました。これは、アセットライフサイクルのすべてのフェ
ーズを通じて投資家に価値をもたらすことができる、高品質な先進的物流施設を運営しているこ
と、そして我々のファンド・マネジメント力およびオペレーション力の証であると考えています」
と述べています。
 
 この数か月間、GLP は全世界で計47 億米ドルの物流ファンドを発表しています。JIF に先立っ
て、GLP は4 月に21 億米ドルのChina Income Fund I (“GLP CIF I”)を発表しています。
 
 GLP は、2012 年12 月に日本最大級の不動産IPO の1 つとして東京証券取引所に上場した、ク
ラス最高の不動産投資信託であるGLP J-REIT(証券コード:3281)のスポンサーおよび資産運用
会社です。GLP は、GLP J-REIT およびJIF の成長と投資主価値の最大化に取り組んでまいりま
す。
                                         以上

[1] 記載がない限り、為替レートは1 米ドル=107.19 円(2020 年6 月30 日)

 
 日本GLP 株式会社について(http://www.glprop.co.jp/
 日本GLP 株式会社は、2009 年3 月に設立されたGLP の日本法人です。日本の主要な物流拠点
を網羅する都市で、106 棟・総延床面積約560 万㎡の物流施設を運営しており、都市の生活や経
済活動を支える重要なインフラとしての、高機能かつ環境にも配慮した物流施設を提供していま
す。GLP では、事業展開している地域社会およびその環境に配慮し、持続可能な社会の形成に貢
献すべく包括的なESG ポリシーを策定しています。
 
 GLP Pte Ltd.について(http://www.glprop.com/)
 GLP Pte. Ltd. (GLP)は物流、不動産、インフラストラクチャー、金融をはじめとするセク
ターおよびその関連テクノロジーを対象とする世界的な投資会社です。投資および施設運営の
専門知識を有し、顧客そして投資家の皆様に新たな価値を提供しています。日本、ブラジル、
中国、ヨーロッパ、インド、米国において事業を展開しており、不動産およびプライベートエ
クイティファンドにおいて890 億米ドルの資産を運用しています。2020 年には、Private Equity
Real Estate(以下「PERE」)が主催する「2019 年PERE Awards」の「Firm of the Year」(グロ
ーバル)および「Industry Figure of the Year」(グローバル)、また「Firm of the Year」(日本)
をはじめ、グループでは合計8 部門で受賞をしています。
 
【本リリースに関する問い合わせ先】 日本GLP 広報担当(IFC): 竹江 電話:03-5532-8921
トップへ戻る