「GLP 浦安II」の建て替え工事が完了
既存テナント企業が継続して2 棟全てを賃借

   物流不動産およびそのテクノロジーに特化した事業会社である日本GLP 株式会社(本社所在
地:東京都港区、代表取締役社長:帖佐 義之(以下「日本GLP」))は、千葉県浦安市の物流施
設「GLP 浦安II」の一部建て替え事業を完了し、本日竣工式を執り行いましたのでお知らせしま
す。
 
「GLP浦安II」は2棟から成る物流施設で、この度うち1棟を対象とした建て替え工事を行いまし
た。同棟は建て替えを通じて、2階建て(倉庫部分:2層)から7階建て(同:5層)に増床され、
2棟合わせた総延床面積は約33,000㎡から約49,000㎡に拡張されました。また、既存棟と連結させ
ることで、2棟全体でのワンフロアオペレーションが可能となり利便性・効率性が向上することに
加え、大庇や屋外から直接搬入出が可能な大型エレベータの設置、および、一部フロアーにおい
て空調と「ビッグアスファン(Big Ass Fans)」[1]を併設することで、作業がしやすく快適な環境
を提供します。なお、現在入居しているテナント企業が、建て替え後も継続して「GLP浦安II」を
利用します。
 
  日本GLP代表取締役社長の帖佐 義之は、「日本GLPは物流施設の新規開発と併せてリノベーシ
ョンや建て替えを以前から推進しており、リノベーションによる既存施設の有効活用や、建て替
えによる物流拠点としての機能および価値の向上を通して、物流インフラのサステナビリティを
支えてまいります。」と述べています。
 
  「GLP浦安II」は、都心から約20km、首都高速湾岸線「浦安」IC至近に立地しています。現在、
日本GLPは千葉県下で本施設を含め合計27棟の物流施設を開発・運営しています。
 
                         wu_ti__56.png
                                               「GLP 浦安II」外観
                         ※左側の建物が今回の建て替え対象。右側の建物が既存棟。
 
<添付資料>
■ 施設概要
施設名:GLP 浦安II
所在地:千葉県浦安市
敷地面積:24,396 ㎡
延床面積:49,238 ㎡
構 造:鉄骨造
着工:2019 年1 月
竣工:2020 年2 月
                                                                                                                          以上

[1] 米国のBig Ass Fans Solutions 社が製造するHVLS(High Volume 「大風量・大容量」 Low

Speed 「低回転速度」)ファン製品モデル群の総称。

 
  日本GLP 株式会社についてhttp://www.glprop.co.jp/
  日本GLP 株式会社は、2009 年3 月に設立されたGLP の日本法人です。日本の主要な物流拠点
を網羅する都市で、104 棟・総延床面積約550 万㎡の物流施設を運営しており、都市の生活や経
済活動を支える重要なインフラとしての、高機能かつ環境にも配慮した物流施設を提供していま
す。GLP では、事業展開している地域社会およびその環境に配慮し、持続可能な社会の形成に貢
献すべく包括的なESG ポリシーを策定しています。
 
  GLP Pte Ltd.について(http://www.glprop.com/)
  GLP Pte. Ltd. (GLP)は物流、不動産、インフラストラクチャー、金融をはじめとするセクタ
ーおよびその関連テクノロジーを対象とする世界的な投資会社です。投資および施設運営の専門
知識を有し、顧客そして投資家の皆様に新たな価値を提供しています。日本、ブラジル、中国、
ヨーロッパ、インド、米国において事業を展開しており、不動産およびプライベートエクイティ
ファンドにおいて890 億米ドルの資産を運用しています。2020 年には、Private Equity Real Estate
(以下「PERE」)が主催する「2019 年PERE Awards」の「Firm of the Year」(グローバル)およ
び「Industry Figure of the Year」(グローバル)、また「Firm of the Year」(日本)をはじめ、グル
ープでは合計8 部門で受賞をしています。
 
【本リリースに関する問い合わせ先】 日本GLP 広報担当(IFC):竹江 電話:03-5532-8921
トップへ戻る