「GLP尼崎III」を着工
株式会社関通の専用施設に

   物流不動産およびその関連テクノロジーに特化した事業会社である日本GLP 株式会社(本社所
在地:東京都港区、代表取締役社長:帖佐 義之(以下「日本GLP」))は、兵庫県尼崎市で延床
面積約17,000 ㎡の先進的物流施設「GLP 尼崎III」の起工式を執り行いましたのでお知らせし
ます。新型コロナウィルスの感染拡大防止策として、今回は関係者がビデオ会議システムを通し
て神事に参列する「オンライン起工式」の形で行われました。「GLP 尼崎III」は、大手3PL 企業
である株式会社関通(本社所在地:大阪府東大阪市、代表取締役:達城 久裕(以下「関通」))
の入居がすでに決定しており、同社の専用施設として利用されます。
 
  施設の特徴としては、入居企業のニーズを反映し、働く環境の快適性向上を図っています。具
体的には明るく清潔感のある建物外観を演出するため白色を多く用いるほか、エントランスには
自然のぬくもりを感じる木目調を採用しています。見晴らしのよい最上階(4 階)への事務所集
約も行い、女性用洗面所にはパウダースペースを整備してアメニティーの充実も図っています。
加えて、庫内には空調と超大型シーリングファン「ビッグアスファン(Big Ass Fans)」[1]を設置予
定です。また、BCP 対応としては、受変電設備の設置位置を通常より高くすることにより洪水対
策を施しています。
 
  関通では尼崎市内にすでに物流拠点を有していますが、業容の拡大に伴い物流拠点を拡張す
るため、その立地の優位性と個別ニーズへの柔軟な対応を評価し、「GLP 尼崎III」への入居を
決定しました。
 
             qi_gong_shi__1.png
                                   「GLP 尼崎III」オンライン起工式の様子
 
 
             wai_guan_.png
                                     「GLP 尼崎III」外観完成イメージ
 
  日本GLP 代表取締役社長の帖佐 義之は、「この度、株式会社関通様には当社の施設に初めて
ご入居いただくことになり、専用施設として『GLP 尼崎III』をご利用頂けることを大変嬉しく思
います。『GLP 尼崎III』は、『GLP 尼崎』、『GLP 尼崎II』に続き日本GLP が尼崎市内で運営
する3 棟目の物流施設です。このエリアでの開発・運営実績を活かしながら、株式会社関通様の
オペレーションに最適な施設を提供いたします。日本GLP は今後も多様な業種からなる入居企
業様に、付加価値の高い物流施設を提案して参ります。」と述べています。
 
  「GLP 尼崎III」は、阪神高速3 号神戸線「尼崎西IC」から約1km、国道43 号線から約650m
と、大阪市および神戸市内へのアクセスに優れています。また住宅エリアからも至近であること
に加え、阪神電鉄「尼崎センタープール前駅」より約1km と徒歩圏内であるほか、近くに路線バ
スの停留所があるなど通勤にも至便で、雇用確保の面においても恵まれています。
 
■施設概要
施設名:「GLP 尼崎III」
所在地:兵庫県尼崎市道意町6 丁目
敷地面積:約8,500 ㎡
延床面積:約17,000 ㎡
構造:地上4 階建て(1 階にトラックバースを設置)、耐震・鉄骨造
着工:2020 年5 月
竣工:2021 年5 月(予定)
認証取得:CASBEE(新築) 認証(予定)
 
  「GLP 尼崎III」は、GLP がグローバルな政府系投資機関および年金基金からの出資により、
2018 年12 月に設立した物流不動産開発ファンド「GLP ジャパン・ディベロップメント・パート
ナーズIII」による開発物件となります。日本GLP は本施設を含め兵庫県下で合計13 棟の物流
施設を開発および運営しています。
以上                   

[1] 米国のBig Ass Fans Solutions社が製造するHVLS(High Volume 「大風量・大容量」 Low Speed 「低回転速度」)ファン製品モデル群の総称。

  日本GLP 株式会社についてhttp://www.glprop.co.jp/
  日本GLP 株式会社は、2009 年3 月に設立されたGLP の日本法人です。日本の主要な物流拠
点を網羅する都市で、105 棟・総延床面積約556 万㎡の物流施設を運営しており、都市の生活や
経済活動を支える重要なインフラとしての、高機能かつ環境にも配慮した物流施設を提供して
います。GLP では、事業展開している地域社会およびその環境に配慮し、持続可能な社会の形
成に貢献すべく包括的なESG ポリシーを策定しています。

 
GLP Pte Ltd.について(http://www.glprop.com/)
GLP Pte. Ltd. (GLP)は物流、不動産、インフラストラクチャー、金融をはじめとするセクタ
ーおよびその関連テクノロジーを対象とする世界的な投資会社です。投資および施設運営の専門
知識を有し、顧客そして投資家の皆様に新たな価値を提供しています。日本、ブラジル、中国、
ヨーロッパ、インド、米国において事業を展開しており、不動産およびプライベートエクイティ
ファンドにおいて890 億米ドルの資産を運用しています。2020 年には、Private Equity Real Estate
(以下「PERE」)が主催する「2019 年PERE Awards」の「Firm of the Year」(グローバル)お
よび「Industry Figure of the Year」(グローバル)、また「Firm of the Year」(日本)をはじめ、
グループでは合計8 部門で受賞をしています。
 

【本リリースに関する問い合わせ先】日本GLP 広報担当(IFC): 竹江 電話:03-5532-8921

トップへ戻る