GLP投資法人の投資口保有比率を変更

【東京、2019年7月24日】

 先進的物流施設およびテクノロジーを駆使したソリューションのリーディングプロバイダーであるGLPは、GLPグループ(注)が保有するGLP投資法人(以下「本投資法人」といいます。)の投資口を一部売却することを決定しましたのでお知らせします。

 当該売却による回収資金は、GLPグループの財務戦略に基づき、日本の物流不動産開発に関する投資基盤の拡大に充当することを企図しています。

 GLPグループは、当該売却後も引き続き本投資法人の投資口169,440口を継続保有するとともに、本投資法人及び本投資法人の資産運用を受託しているGLPジャパン・アドバイザーズ株式会社をGLPグループ全体のバリューチェーンの中に位置付け、既存のRight of First Look Agreement (物件情報提供契約)等、本投資法人の投資主価値の向上に資する各種スポンサーサポートを今後も継続していきます。

 なおGLPグループは、本取引に係る売買が実行された場合には、当該売却後に保有する本投資法人の投資口169,440口を、2019年7月24日から365日間、第三者へ譲渡しないことを当該売却に係る取扱証券会社との間で誓約しています。

 

(注)本投資法人のスポンサーの親会社であるGLP Holdings Limited及びそのグループ会社の総称。現在、当該売却対象の投資口は、GLPグループの一員であるGLP キャピタル・ジャパン2・プライベート・リミテッド及びGLPキャピタル合同会社が保有しています。

                                 wu_ti__17.png

トップへ戻る