新ブランド「ALFALINK」を発表
第一号施設として「GLP ALFALINK 相模原」が誕生
総敷地面積は約30 万㎡と一体開発として国内最大級

 物流不動産およびそのテクノロジーに特化した事業会社である日本GLP 株式会社(本社所在
地:東京都港区、代表取締役社長:帖佐 義之(以下「日本GLP」))は本日、大規模面開発を
通して新たな価値を提供する「創造連鎖する物流プラットフォーム」をコンセプトとして、
新ブランド「ALFALINK(アルファリンク)」を発表しましたのでお知らせします。本ブランドの
コンセプト、ネーミング、ロゴデザインおよび建築・空間デザインディレクションは
クリエイティブディレクターの佐藤可士和氏によるものです。またその第一号物件として、
神奈川県相模原市にて先進的物流施設5 棟を「GLP ALFALINK 相模原」として開発します。
総延床面積は約65 万㎡、総開発費用は約1,400億円と、物流拠点として国内最大級の開発プロジェクトです。
 
     wu_ti__22.png
           「GLP ALFALINK 相模原」全5 棟完成イメージ
 
 「ALFALINK」では、従来の物流施設における効率化・最適化を超えた、今までにない価値や
事業を創造していく拠点となる施設づくりを目指しています。「Open Hub」、「Integrated
Chain」、「Shared Solution」をキーワードとし、今回開発する「GLP ALFALINK 相模原」
では、本コンセプトに基づいた様々な設備、サービスを提供してまいります。
 
 コンセプトを体現する施設として、敷地中央のエリアには直径約90m の、環状にデザインされ
た共用施設「リング」を設けます。レストラン、コンビニ、カンファレンスルーム、託児所、
ジムを備え、施設で働く方々に快適な環境を提供します。「リング」ではペデストリアンデッキ
で全棟をつなぐことにより、歩行者と車両を分離し快適で安全な移動を可能にするとともに、
人々の交流、ビジネスの創出を促します。
 
 また、「GLP ALFALINK 相模原」では地域との共生を図るため、緑地エリアなど施設を地域の
皆様にも開放するとともに、災害時の避難先、災害物資の配送拠点としての活用を計画していま
す。
 
      wu_ti_2_3.png
 
■ALFALINK ロゴについて
     wu_ti_1_2.png
■ALFALINK コンセプトおよび「GLP ALFALINK 相模原」で提供する設備・サービス(例)
1126.png
                (現時点での想定。今後変更の可能性があります。)
 
 
 「GLP ALFALINK相模原」は、圏央道 「相模原愛川IC」より約4.3km、「相模原IC」より
約7.1kmに位置し、関東エリアのゲートウェイ、関西、中部へアクセスできる交通の要衝であり
物流拠点として最適な立地にあります。また人口密集地にあることからも雇用確保にも有利な
立地と言えます。相模原市は新東名の開通など交通インフラの拡大が見込まれ、産業集積地で
新しい産業の創造が期待されます。
 
 日本GLP 代表取締役社長の帖佐義之は、「『GLP ALFALINK 相模原』は今までの物流施設の
枠を超えたコンセプトを持つ物流プラットフォームです。物流施設がコストセンターから、ビジ
ネスの機会を創造するプロフィットセンターになることを目指します。『GLP ALFALINK 相模原』
に続き、大規模面開発プロジェクトとして『ALFALINK』を全国で展開していく予定です。日本
GLP は革新的な物流ソリューションを提供しながら、地域に根差し、物流と社会の進化をもたら
す価値を提供する物流施設を創り出してまいります」と述べています。
 
 「GLP ALFALINK 相模原」の開発は、「GLP ジャパン・ディベロップメント・パートナーズ
Ⅲ」による開発物件です。
以上

 

日本GLP 株式会社についてhttp://www.glprop.co.jp/
 日本GLP 株式会社は、2009 年3 月に設立されたGLP の日本法人です。日本の主要な物流拠点
を網羅する都市で、106 棟・総延床面積約559 万㎡の物流施設を運営しており、都市の生活や経
済活動を支える重要なインフラとしての、高機能かつ環境にも配慮した物流施設を提供していま
す。GLP では、事業展開している地域社会およびその環境に配慮し、持続可能な社会の形成に貢
献すべく包括的なESG ポリシーを策定しています。
 
GLP Pte Ltd.について(https://www.glprop.com/)
 GLP Pte. Ltd. (GLP)は物流セクターとその関連テクノロジーへの投資に特化し、不動産およ
びプライベートエクイティファンドにおいて840 億ドルの運用資産を有する世界的な投資会社で
す。GLP の不動産ファンドプラットフォームは世界最大級でポートフォリオは、7,500 万㎡(約8
億1,000 万ft²)です。2019 年には、Private Equity Real Estate(以下「PERE」)が主催する
「2018年PERE Awards」のグローバル部門において「Firm of the Year」および「Logistics
Investor of the Year」を受賞しました。
 
【本リリースに関する問い合わせ先】 日本GLP 広報担当(IFC): 竹江/ 岡 電話:03-5532-8921
 
施設概要「GLP ALFALINK 相模原」
施設数 :5 棟
所在地 :神奈川県相模原市中央区田名
敷地面積 :約300,000 ㎡(プロジェクト全体)
延床面積 :約650,000 ㎡(プロジェクト全体)
 
                 「GLP ALFALINK 相模原」概要
               wu_ti_4.png
■立地
圏央道 「相模原愛川IC」より約4.3km、「相模原IC」より約7.1km
JR相模線「上溝駅」より約2.0km、JR横浜線・京王線「橋本駅」・「淵野辺駅」からバス
 
広域地図
            guang_yu_di_tu_.png
トップへ戻る