「GLP 流山I」、流山市と災害時等における一時避難施設として協定締結

 物流不動産およびその関連テクノロジーに特化した事業会社である日本GLP 株式会社(本社所
在地:東京都港区、代表取締役社長:帖佐 義之(以下「日本GLP」))は、千葉県流山市(市長:
井崎 義治)と、「GLP 流山I」(所在地:千葉県流山市南319 番地)の災害時等における一時
避難施設としての使用に関する協定書を2019 年10 月1 日に締結したことをお知らせします。
 
 「GLP 流山I」は2018 年2 月に竣工した地上4 階建て、延床面積約132,815 ㎡のマルチテナン
ト型先進的物流施設です。免震・プレキャストコンクリート(PC)造の堅牢な建築物であること
に加え、バックアップ電源、地下水供給設備など有事に備えた設備を有するとともに防災用品の
備蓄を行っています。また非常時には車両スロープを経由することで、迅速に人が施設内へ避難
することが可能です。この度、こうした「GLP 流山I」の施設としての性能・各種取り組みが評
価され、災害時等における一時避難施設として指定されることとなりました。流山市との間で締
結した協定書では、大規模災害が発生した際に、「GLP 流山I」の施設内又は、近傍に所在して、
他に適切な避難場所がない等の方々に屋上駐車場およびカフェテリア、一部の洗面所を一時的な
避難施設として開放することを定めております。
 
 日本GLP 代表取締役社長の帖佐義之は、「社会インフラの一部として物流施設の重要性が増す
中、この度、流山市と災害時協定を結び、地域の皆様の安心安全を支援できることを嬉しく思い
ます。日本GLP は、社会インフラの次世代を担う先進的物流施設の開発事業を通じて、これから
も地域社会の発展に貢献できるよう努力してまいりたいと思います」と述べています。
 
shi_chang_totie_zuo_san2.png
日本GLP 帖佐社長(左)と井崎流山市長(右)
 
wu_ti__5.png
「GLP 流山I」外観
 
■施設概要
施設名:「GLP 流山I」
所在地:千葉県流山市南319 番地
敷地面積:約60,189 ㎡
延床面積:約132,815 ㎡
構造:地上4 階建て、免震・PC 造
以上
 

日本GLP 株式会社について(http://www.glprop.co.jp/

日本GLP 株式会社は、2009 年3 月に設立されたGLP の日本法人です。日本の主要な物流拠
点を網羅する都市で、105 棟・総延床面積約556 万㎡の物流施設を運営しており、都市の生活や
経済活動を支える重要なインフラとしての、高機能かつ環境にも配慮した物流施設を提供して
います。GLP では、事業展開している地域コミュニティおよびその環境に配慮し、持続可能な
社会の形成に貢献すべく包括的なESG ポリシーを策定しています。
 
GLP Pte Ltd.について(www.glprop.com)
GLP Pte. Ltd. (GLP)は物流セクターとその関連テクノロジーへの投資に特化し、不動産およ
びプライベートエクイティファンドにおいて660 億ドルの運用資産を有する世界的な投資会社
です。GLP の不動産ファンドプラットフォームは世界最大級でポートフォリオは、7,500 万㎡
(約8 億1,000 万ft²)です。2019 年には、Private Equity Real Estate(以下「PERE」)が主催す
る「2018 年PERE Awards」のグローバル部門において「Firm of the Year」および「Logistics
Investor of the Year」を受賞しました。
 
【本リリースに関する問い合わせ先】日本GLP 広報担当(IFC): 竹江/ 岡 電話:03-5532-8921
トップへ戻る