GLPは欧州物流不動産ファンドにて、
40億米ドル(約4,518億円)の資金募集を完了

・ 政府系ファンド(SWF)、年金基金、保険会社など世界有数の機関投資家が、GLPの運用する欧州物流不動産ファンド(EIP IおよびEDP I)に参加
・機関投資家からの旺盛な投資意欲を背景に、欧州における次号ファンド組成を計画中
 
【ロンドン、2018年8月21日】
 先進的物流施設およびテクノロジーを駆使したソリューションのリーディングプロバイダーであるGLPは、「GLPヨーロッパ・インカム・パートナーズI(GLP EIP I)」、「GLPヨーロッパ・デベロップメント・パートナーズI(GLP EDP I)」の資金募集を完了しましたのでお知らせします。当ファンドには、北米、アジア、欧州および中東の政府系ファンド(SWF)、年金基金、保険会社など長期運用資金を有する機関投資家が参加しています。
 
 今回のファンド募集には、韓国の消防士の信用組合であるコリア・ファイア・オフィシャルズ・クレジット・ユニオン、カナダ・オンタリオ州公務員年金基金(OMERS)の不動産投資を受託するオックスフォード・プロパティーズ、同国ブリティッシュ・コロンビア州公共年金基金の不動産投資を担うクァドリアル・プロパティ・グループ、英国最大の企業年金の1つであるテスコ・ペンション・インベストメントが、GLPの新規投資家として出資をしています。
 
 GLPの共同創業者および最高経営責任者であるミン・メイは、「既存の長期投資家との関係強化を図る一方、新規投資家をGLPのファンド・マネジメント・プラットフォームに迎えることをうれしく思います。GLPのファンドに参加を望む機関投資家の投資意欲は引き続き旺盛で、欧州における次号ファンド組成も計画中です」と述べています。
 
 2017年12月、GLPは、欧州マーケットの先進的物流施設およびディストリビューション・パークの有力デベロッパーであるゲーズリー(Gazeley)社の買収に際し、合計40億米ドル(34億ユーロ1、約4,518億円2)の新規ファンドを組成しました。ゲーズリー社は、英国、ドイツ、フランス、オランダの戦略的物流マーケットを中心に160万㎡の稼働中のポートフォリオと140万㎡の建設可能用地を保有しています。
以上
 

本資料は、GLP Pte. Ltd.が8 月21 日(現地時間)に発表したプレスリリースを日本語に翻訳・編集したものです。本資料の正式言語は英語であり、その内容および解釈については英語が優先します。https://www.glprop.com/news-releases.html をご参照ください。

1 為替レートは2017年12月20日。1ユーロ=1.18米ドル。
2 為替レートは2017年12月20日。1米ドル=112.95円。

GLP Pte Ltd.について(http://www.glprop.com/
GLP Pte. Ltd. (GLP) は、物流ソリューションのリーディンググローバルプロバイダーです。戦略的立地にある物流施設や先進的なエコシステムのパートナーなどのネットワークを通じて、GLPはカスタマー企業に賃貸スペースおよび価値を創出する技術革新を活かしたソリューションを提供しています。8カ国においてマーケットにおける地位を確立している世界最大級の不動産ファンド・マネージャーであり、運用資産は500億米ドル超、グローバル・ポートフォリオは6,200万㎡(6億6,700万ft2)におよびます。
 
ゲーズリー社について
ゲーズリー社(Gazeley)は欧州マーケットの先進的物流施設およびディストリビューション・パークの有力デベロッパーかつ投資家で、英国、ドイツ、フランス、オランダの戦略的物流マーケットを中心に160万㎡(1,700万ft2 )のポートフォリオを運営しています。アマゾン、UPS、フォルクスワーゲンなどの大手企業に賃貸する物流施設(稼働率96%)に加えて140万㎡(1,600万ft2)の開発用土地を有しています。ゲーズリー社は欧州におけるGLPの事業プラットフォームです。
 
【本リリースに関する問い合わせ先】日本GLP広報担当(IFC): 神谷 電話:03-5532-8921
トップへ戻る