日本GLP
千葉県流山市で「流山Ⅰ」を竣工
工場用途に対応するインフラを整備

 先進的物流施設のリーディングプロバイダーである日本GLP株式会社(本社所在地:東京都港区、代表取締役社長:帖佐 義之(以下「日本GLP」))は、本日、千葉県流山市でマルチテナント型の先進的物流施設「GLP流山I」の竣工式を執り行いましたので、お知らせします。既に複数の企業の入居が決定しています。

 3棟から成る総延床面積約320,000㎡、投資総額約590億円のGLP流山プロジェクトは、2016年9月から2017年10月にかけて3棟が順次着工しました。最初に竣工する「GLP流山I」は地上4階建て、延床面積132,815㎡でプレキャストコンクリート(PC)造・免震構造の先進的物流施設で、都心から約25km、常磐自動車道「流山」ICから約1km、外環自動車道と首都高速自動車道が利用可能な「三郷」ICまで約6km、国道16号線にもアクセス良好、加えて東武野田線「初石」駅から約1.8kmに立地します。

 GLP流山プロジェクトの最大の特徴は、生産加工、保管、流通加工、配送まで、物流プロセスをトータルで支援する次世代型の施設を目指した点です。その中でも最大の規模を持つ「GLP流山I」の特徴は、従来の物流施設では対応していなかった、工場用途として必要とされる給排水ルートの確保、電気、ガス、給排気といったビルインフラを備えると同時に工場用途向けの法的要件も整えました。従来まで工場と物流施設に分散していたオペレーションの集約を図り、コストと時間の効率化を実現できる施設となっています。

glpliu_shan_1_0.jpg

「GLP流山I」外観

 「GLP流山 I」では、免震装置を備えていますが、加えてBCP対策として発電機により災害時でも事務所・トイレ照明等の電源確保、井水の再利用などが可能となっているほか、防災備蓄品も施設内に備えています。

 日本GLPの代表取締役社長の帖佐 義之は、「いよいよ『GLP流山I』が竣工する運びとなりました。千葉県は、湾岸、内陸、空港などの各エリアがあり、都心の消費圏からも近く、底堅いマーケットと見ています。GLP流山プロジェクトは日本GLPが今まで物流不動産専業の開発会社として蓄積してきた知見とノウハウを結集したプロジェクトと言えます。現在、企業の物流オペレーションに求められる効率化に着目し、新たな物流ソリューションとしてこの大規模且つ複合的な開発を行いました。さまざまな業種の企業からの引き合いがあり、市場にマッチした日本GLPのフラッグシップとなるプロジェクトと自負しています」と述べています。

 「GLP流山I」の開発は、GLPがCPPIB(カナダの公的年金運用機関であるカナダ・ペンション・プラン・インベストメント・ボード)と2016年2月に50%対50%で設立した合弁事業「GLPジャパン・デベロップメント・ベンチャーII」による開発物件となります。

 GLPは、千葉県下では内陸部で開発中の「GLP流山II」「GLP流山III」含め合計21棟の物流施設を開発・運営しています。なお、「GLP流山I」はLEEDゴールド予備認証を取得しています。

■GLP流山プロジェクトは大規模な複合物流施設であることから汎用性のある以下のようなサービスや機能、特色を有しています。

【施設内の労働環境向上への取組】

  • 託児所
  • カフェテリア(1階250席、4階155席)
  • コンビニエンスストア(ファミリーマート)
  • 大型シーリングファン標準設置(24台)
  • シャワー室
  • コインランドリー
  • 宅配ロッカー
  • 無料送迎バス(初石駅行き)
  • 路線バス引き込み(流山おおたかの森駅行き)
  • レンタサイクル

 

【テナント企業向け付加価値サービス】

  • 自家給油所(一般的な法人契約価格より安価に軽油を購入可能)
  • 洗車場
  • レンタルフォークリフト
  • 人材派遣会社のオフィスを施設内に設置(庫内で働く人の募集やマッチングに対応)
  • 自家消費用太陽光発電設備(発電分をテナントに還元し、電気使用料を割引)

 

この物件の最新情報はこちら

 

以上


日本GLP株式会社について(http://www.glprop.co.jp/

日本GLP株式会社は2009年3月に設立されたGLPの日本法人です。日本の主要な物流拠点を網羅する都市で、97物件・総延床面積約480万平方メートルの物流施設を運営しており(2018年3月1日現在)、都市の生活や経済活動を支える重要なインフラとしての、高機能かつ環境にも配慮した物流施設を提供しています。GLPでは、事業展開している地域社会およびその環境に有益且つ有意義な貢献をし、また持続可能な社会の形成に役立つため包括的なESGポリシーを策定しています。

GLP Pte. Ltd.についてhttp://www.glprop.com/

GLP Pte. Ltd. (GLP) は、物流ソリューションのリーディンググローバルプロバイダーです。戦略的立地にある物流施設や先進的なエコシステムのパートナーなどのネットワークを通じて、GLPはカスタマー企業に賃貸スペースおよび価値を創出する技術革新を活かしたソリューションを提供しています。8カ国においてマーケットにおける地位を確立している世界最大級の不動産ファンド・マネージャーであり、運用資産は約430億米ドルで、グローバル・ポートフォリオは6億3,600万平方フィート(約59百万平方メートル)におよびます。

【本リリースに関する問い合わせ先】日本GLP広報担当(IFC): 神谷 電話:03-5532-8921

施設概要

施設名:GLP流山 I
所在地:千葉県流山市南319番地
敷地面積:60,189㎡
延床面積:132,815㎡
着工:2016年9月
竣工:2018年2月

 

この物件の最新情報はこちら

トップへ戻る