タイムズ24と駐車場シェアサービスにかかる業務提携契約を締結
マルチテナント型物流施設で国内初の取り組み

 先進的物流施設のリーディングプロバイダーである日本 GLP 株式会社(本社所在地:東京都港
区、代表取締役社長:帖佐義之(以下「日本 GLP」))は、タイムズ24株式会社(本社:東
京都千代田区、代表取締役社長:西川光一、以下「タイムズ24」)と予約制駐車場マッチン
グサービス「B-Times」に関する業務提携契約を締結したことをお知らせします。マルチテナン
ト型の大型物流施設内における「B-Times」サービスの導入は業界初の取組みとなります。
 
 この取組みにより、従来のテナント企業向け法人契約による駐車場の利用と併せて、施設内で
働く方が駐車場の定期契約をしていなかった場合にも、必要に応じて1 日単位での駐車場利用が
可能となり、通勤手段の幅が広がります。またGLP の施設を利用する方の駐車に加えて近隣企業
などの自動車利用の方からのニーズも見込まれます。タイムズ24と提携し「B-Times」を導入
することにより、日本GLP は追加の設備投資なく駐車場の空きスペースを有効活用することが出
来、8 月1 日より、全国のマルチテナント14 施設で第一弾の運用を開始します。
 
 タイムズ24の提供する「B-Times」は、2016 年8 月に開始した新しいシェアリングサービス
で、利用者は全国の登録駐車場をWEB から検索・予約することで「借りる」ことができるほか、
自己所有する駐車場を登録することで、他の利用者に「貸す」ことも可能です。サービス開始以
来、登録駐車場数および利用者数は一貫して増加しています。タイムズ24は全国で物流施設を
展開する日本GLP との今回の提携によって、更なる「B-Times」の拡大・普及を見込んでいます。
 
 日本 GLP の代表取締役社長の帖佐義之は、「今回の取り組みは、日本GLP の施設内で働く方
の利便性向上という側面があります。今後もこのような資源や資産を有効且つ効率的な活用と顧
客や地域にも役立つような取り組みを行ってまいります」と述べています。
以上

 

日本 GLP 株式会社について(http://www.glprop.co.jp/
日本 GLP 株式会社は2009 年3 月に設立されたGLP の日本法人です。日本の主要な物流拠点を
網羅する都市で、102 物件・総延床面積約520 万平方メートルの物流施設を運営しており、都市
の生活や経済活動を支える重要なインフラとしての、高機能かつ環境にも配慮した物流施設を提
供しています。GLP では、事業展開している地域社会およびその環境に有益且つ有意義な貢献を
し、また持続可能な社会の形成に役立つため包括的なESG ポリシーを策定しています。
2018 年1 月22 日付で「日本GLP 株式会社」に社名変更いたしました。
 
GLP Pte Ltd.について(http://www.glprop.com/
GLP Pte. Ltd. (GLP) は、物流ソリューションのリーディンググローバルプロバイダーです。
戦略的立地にある物流施設や先進的なエコシステムのパートナーなどのネットワークを通じて、
GLP はカスタマー企業に賃貸スペースおよび価値を創出する技術革新を活かしたソリューショ
ンを提供しています。8 カ国においてマーケットにおける地位を確立している世界最大級の不動
産ファンド・マネージャーであり、運用資産は500 億米ドルで、グローバル・ポートフォリオは
6 億6,700 万平方フィート(約6,200 万平方メートル)におよびます(2018 年6 月末時点)。
 
【本リリースに関する問い合わせ先】日本GLP 広報担当(IFC): 神谷 電話:03-5532-8921
トップへ戻る