グローバル・ロジスティック・プロパティーズ
首都圏で合計約143,000㎡の新規賃貸借契約を締結

  • 大手量販店と「GLP新砂」で約23,000㎡の賃貸借契約を締結
  • 大手スーパーマーケットチェーンと「GLP昭島」で約16,000㎡の賃貸借契約を締結
  • GLP市川」で通信販売関連物流企業と1棟(約60,000㎡)すべての賃貸借契約を締結
  • GLPMFLP市川塩浜」でグローバル展開するファストファッション企業と約20,000㎡の賃貸借契約を締結
  • GLP座間」で国内流通/配送会社と約24,000㎡の賃貸借契約を締結

 

先進的物流施設のリーディングプロバイダーであるグローバル・ロジスティック・プロパティーズの日本法人、グローバル・ロジスティック・プロパティーズ株式会社(本社所在地:東京都港区、代表取締役社長:帖佐義之(以下「GLP」))は、首都圏の5施設で合計約143,000㎡の新規賃貸借契約を締結したことをお知らせいたします。

大手量販店はGLPにとって新規の顧客で、都心部に至近の「GLP新砂」の立地が既存店舗とのアクセスが良いことから入居を決定しました。大手スーパーマーケットチェーンは、GLPの他の施設をエンドユーザーとして利用していましたが、アクセス至便な「GLP昭島」を関東西部の配送拠点とするため入居を決定しました。その他の3企業の新規賃貸借契約は、主に各施設の良好な立地、特定のニーズへの対応力の高い仕様、大規模なフロアー・スペースが確保出来ること、セキュリティの高さなどが評価されました。この3社のうち、2社はGLPの新規顧客となります。

GLP代表取締役社長の帖佐義之は、「これらの新規賃貸借契約を締結出来たことを大変嬉しく思います。企業の物流拠点の集約統合、配送拠点の創設へのニーズは高く、庫内オペレーションの高度化、複雑化に伴い、先進的物流施設に対する需要は引き続き旺盛です。GLPの物流施設は、お客様の固有ニーズに沿った高質なサービスを提供すると同時に、物流オペレーションの一層の効率化のソリューションを提案致します。今後もお客様のビジネスの拡大を引き続きサポートしてまいります」と述べています。

*「GLP・MFLP市川塩浜」は、三井不動産株式会社とGLPの共同開発事業です。

以上


グローバル・ロジスティック・プロパティーズについてhttp://www.glprop.com
グローバル・ロジスティック・プロパティーズ・リミテッド (GLP) はは先進的物流施設のリーディンググローバルプロバイダーです。各国の国内消費に応え、中国、日本、ブラジルおよび米国で約4,200万㎡(4億5,200万平方フィート)のポートフォリオを開発・運営しています。4,000社にのぼるGLPの顧客は、世界の大手製造、小売り、3PL企業等です。ファンド・マネジメントはGLPの投下資本へのリターンを強化する一方、GLPの重要且つ成長している要素であり、持続可能で長期的な成長を支える強固な資本を供給します。2015年6月30日時点で、GLPの総資産額は290億米ドルです。

なお、GLPはシンガポール証券取引所のメインボードに上場しています(株式コード: MC0.SI;Reuters ticker: GLPL.SI; Bloomberg ticker: GLP SP)。

グローバル・ロジスティック・プロパティーズ株式会社について(http://www.glprop.co.jp
グローバル・ロジスティック・プロパティーズ株式会社は、2009年3月に設立されたGLPの日本法人です。日本の主要な物流拠点を網羅する都市で、91物件・総延床面積約420万平方メートルの物流施設を運営しており(2015年6月30日現在)、都市の生活や経済活動を支える重要なインフラとしての、高機能かつ環境にも配慮した物流施設を提供しています。

【本リリースに関する問い合わせ先】
グローバル・ロジスティック・プロパティーズ株式会社
広報:小森
電話:03-6858-2250
e-mail: mkomori [at] glprop.com 
URL: www.glprop.co.jp

GLP広報担当(IFC): 神谷/ 牧野
電話:03-5532-8921

トップへ戻る