グローバル・ロジスティック・プロパティーズ
中国で業界大手3社と69,000㎡の増床による賃貸借契約を締結

  • 中国で業界大手のJD.com、ベスト・ロジスティクス、STOエクスプレスの3社と計69,000㎡の増床による賃貸借契約を締結
  • 国内消費がGLPの先進的物流施設に対する需要を牽引
  • GLPの柔軟に対応できるネットワークが顧客の事業拡大をサポート

 

【シンガポール、2015年11月23日】
先進的物流施設のリーディングプロバイダーであるグローバル・ロジスティック・プロパティーズ・リミテッド(以下「GLP」)は、中国で、業界大手のJD.com、ベスト・ロジスティクス、STOエクスプレスの3社と合計69,000㎡の賃貸借契約を締結したことをお知らせします。これらの3社は、拡大する国内消費による需要の増加に対応するために、GLPの物流施設を活用します。

これら3社はGLPの既存顧客であり、複数の施設に入居しています。JD.comとベスト・ロジスティクスは賃貸借面積ベースでGLP中国の上位顧客10位内に位置しています。

GLP中国の社長であるケント・ヤンは、「今回、JD.com、ベスト・ロジスティクス、STOエクスプレスの3社とパートナーシップをさらに強化出来たことを大変嬉しく思います。国内消費の増加が中国におけるGLPの先進的物流施設の需要を牽引しています。GLPの圧倒的なネットワークは、顧客の中国内におけるビジネス拡張をサポートし、付加価値を創出しています」と述べています。

本資料は、グローバル・ロジスティック・プロパティーズ・リミテッド(シンガポール)が11月23日(現地時間)に発表したプレスリリースを日本語に翻訳・編集したものです。本資料の正式言語は英語であり、その内容および解釈については英語が優先します。
http://www.glprop.com/press-releases/をご参照ください。

以上


グローバル・ロジスティック・プロパティーズについて(http://www.glprop.com
グローバル・ロジスティック・プロパティーズ・リミテッド (GLP) は先進的物流施設のグローバルリーディングプロバイダーです。GLPグループは、中国、日本、ブラジル、米国で国内消費を支える4,800万㎡[1](5億2,100万平方フィート)規模の物流施設ポートフォリオを運営しています。GLPの4,000社もの顧客には世界の主要な製造、小売り、3PL会社などを含みます。ファンド運用ビジネスは、GLPの重要な成長の柱であり、持続的な長期的成長のための潤沢な資本を提供すると同時にGLPの投下資本のリターンを強化しています。2015年9月30日時点で、GLPの総資産は330億米ドル[1]です。

なお、GLPはシンガポール証券取引所のメインボードに上場しています(株式コード: MC0.SI;Reuters ticker: GLPL.SI; Bloomberg ticker: GLP SP)。

[1]2015年9月30日に発表したGLPの決算を基に算出。

【本リリースに関する問い合わせ先】
グローバル・ロジスティック・プロパティーズ株式会社
広報:小森
電話:03-6858-2250
e-mail: mkomori [at] glprop.com

IFC(GLP広報担当):神谷/牧野
電話:03-5532-8921

トップへ戻る