グローバル・ロジスティック・プロパティーズ
パナソニック ロジスティクスの専用施設を増築

  • GLPは「GLP富谷IV」の敷地内に、パナソニックロジスティクスの専用施設として約12,000㎡の「GLP富谷IVアネックス」を増築
  • 「GLP富谷IVアネックス」は2014年7月に竣工予定

世界有数の規模を誇る先進的物流施設プロバイダーとして、また日本、中国及びブラジルの物流施設市場のマーケットリーダーであるグローバル・ロジスティック・プロパティーズ(以下「GLP」)の日本法人、グローバル・ロジスティック・プロパティーズ株式会社(本社所在地:東京都港区、代表取締役社長:帖佐義之)は、本日、大手3PL企業でGLPのカスタマーとして日本における賃貸面積では最大手の1社であるパナソニックロジスティクス株式会社と東北地方で約12,000㎡の専用物流施設(BTS)の増築契約を締結しましたのでお知らせします。

パナソニックロジスティクス株式会社は、現在「GLP富谷IV」の駐車場として利用されている敷地内に建設する「GLP富谷IVアネックス」を100%賃借します。同社は「GLP富谷IV」も100%使用しており、東北地方における物流ネットワーク強化のための増築になります。

グローバル・ロジスティック・プロパティーズ株式会社の代表取締役社長である帖佐義之は「パナソニックロジスティクス様のニーズに特化して設計された物流施設の開発に着手できることを嬉しく思います。お客様の物流ニーズに合わせたBTSの開発プロジェクトにおける十分な実績と経験を活かし、これからもカスタマーがコアビジネスに集中できるよう、オペレーションの効率性を最大限に引き出す的確なソリューションを提供してまいります」と述べています。

「GLP富谷IVアネックス」は宮城県に所在し、同県に位置する4カ所のGLP施設の稼働率は100%と、この地域における先進的物流施設への強固な需要を現わしています。東北自動車道から1.5kmと至近で、仙台市や他の物流拠点である仙台空港と仙台港への利便性も高い位置にあります。「GLP富谷IVアネックス」は2014年7月に竣工予定です。パナソニックロジスティクス株式会社は「GLP富谷IVアネックス」を含むGLPの10施設において、合計326,000㎡の面積を賃借することになります。

GLP富谷IVアネックス 外観

【補足資料】

「GLP富谷IVアネックス」開発概要

・施設名称:GLP富谷IVアネックス
・所 在 地  :宮城県富谷町
・敷地面積  :10,300㎡
・総延床面積(GFA) :12,160 ㎡
・総賃貸可能面積(NLA):12,100㎡
・着  工  :2013年5月(予定)
・竣  工  :2014年7月(予定)
 

グローバル・ロジスティック・プロパティーズ・リミテッドについて(www.glprop.com

GLPは世界有数の規模を誇る先進的物流施設プロバイダーであり、日本、中国及びブラジルの物流施設市場におけるマーケットリーダーです。中国、日本及びブラジルの主要62都市で約2,000万平方メートルの施設を所有、管理及び賃貸し、およそ700社に効率的な物流ネットワークを提供しています。GLP は世界の主要な製造、小売り、3PL会社のサプライチェーンの効率の改善を使命としており、国内消費がGLPへの需要の重要な要素となっています。なお、GLPはシンガポール証券取引所のメインボードに上場しています(株式コード:MC0.SI; Reuters ticker: GLPL.SI; Bloomberg ticker: GLP SP)。
 

グローバル・ロジスティック・プロパティーズ株式会社について(www.glprop.co.jp

グローバル・ロジスティック・プロパティーズ株式会社は、GLPの日本法人で、日本の主要な物流拠点を網羅する主要7都市84物件の物流施設を運営しています。総延床面積は約360万平方メートルにのぼり、都市の生活や経済活動を支える重要なインフラとしての、高機能かつ環境にも配慮した物流施設を提供しています。

【本件に関する問い合わせ先】
グローバル・ロジスティック・プロパティーズ株式会社
広報室:中村 / 野並
電話:03-6858-2250
e-mail:mnakamura [at] glprop.com
URL:www.glprop.co.jp

広報担当(IFC):今井 / 一色
電話:03-5532-8921

トップへ戻る