グローバル・ロジスティック・プロパティーズ
神奈川県相模原市で先進的物流施設向け大規模用地を取得
―日本最大の先進的物流施設「GLP相模原プロジェクト」(仮称)を開発へ―

先進的物流施設のリーディングプロバイダーであるグローバル・ロジスティック・プロパティーズの日本法人、グローバル・ロジスティック・プロパティーズ株式会社(本社所在地:東京都港区、代表取締役社長:帖佐 義之(以下「GLP」))は神奈川県相模原市で先進的物流施設向け大規模用地を取得しましたのでお知らせします。

この度、取得した物流施設向け用地は、敷地面積約295,000㎡で、マルチテナント型施設4棟、BTS型施設2棟の合わせて6棟、総延床面積約655,000㎡の「GLP相模原プロジェクト」(仮称)の開発を行う予定で、これは先進的物流施設プロジェクトとしては日本最大の規模となります。総開発コストは約1,330億円で、2020年以降着工予定、2022年から順次竣工する予定です。

この物流施設向け用地は、神奈川県内陸部および多摩地域の人口集積地に至近で、主要幹線である国道16号線、国道129号線への高いアクセス性を備えた物流適地です。また、圏央道「相模原・愛川IC」「相模原IC」にアクセス可能で、東名高速・中央道の利用により首都圏と中部・関西圏との結節点となる上、首都圏広域もカバーする物流拠点となります。これらの立地の優位性に加え、周辺地域では今後、小田急多摩線唐木田駅からJR横浜線、 相模線方面への延伸や東京、名古屋、大阪を繋ぐリニア中央新幹線の導入も計画されており、これによって人口増加や企業の事業機会などの創出が見込まれます。

GLPの代表取締役社長の帖佐 義之は、「今回の用地取得は、物流事業のプライムエリアと言える立地にこれほどの広大な規模の用地という希少性、人材雇用の優位性、この地域の物流に対する需要の高さ、などを鑑み、決定致しました。企業の配送スピードや精度等の質に対する要求は高まっており、この立地と規模を活かし、さまざまな取り組みを行うことにより、『GLP流山プロジェクト』を上回る大規模且つ最適な物流ソリューションを提供して参ります」と述べています。

wu_liu_cang_ku_1202-2.jpg

以上

 


グローバル・ロジスティック・プロパティーズについてhttp://www.glprop.com/
グローバル・ロジスティック・プロパティーズ・リミテッド (GLP) は先進的物流施設のグローバルリーディングプロバイダーです。2016年9月30日時点で、GLPグループは、中国、日本、ブラジルおよび米国で国内消費を支える5,200万㎡(5億6,100万平方フィート)規模の物流施設ポートフォリオを運営しています。GLPの4,000社もの顧客には世界の主要な製造、小売り、3PL会社などを含みます。GLPの380億米ドルのファンド・マネジメント・プラットフォームは成長を促進するベースとなっています。
なお、GLPはシンガポール証券取引所のメインボードに上場しています(株式コード: MC0.SI;Reuters ticker: GLPL.SI; Bloomberg ticker: GLP SP)。

グローバル・ロジスティック・プロパティーズ株式会社について(http://www.glprop.co.jp/
グローバル・ロジスティック・プロパティーズ株式会社は、2009年3月に設立されたGLPの日本法人です。日本の主要な物流拠点を網羅する都市で、96物件・総延床面積約460万平方メートルの物流施設を運営しており(2016年9月30日現在)、都市の生活や経済活動を支える重要なインフラとしての、高機能かつ環境にも配慮した物流施設を提供しています。

 

【本リリースに関する問い合わせ先】
グローバル・ロジスティック・プロパティーズ株式会社
広報:小森
電話:03-6858-2250
e-mail: mkomori [at] glprop.com 
URL: www.glprop.co.jp

GLP広報担当(IFC):神谷/深澤
電話:03-5532-8921

トップへ戻る